面白い場所(おもしろい場所)、面白スポット(おもしろスポット)紹介

CNET Japanの記事によりますと、「インドのタイムズ・オブ・インディア紙は、インターネット検索エンジン最大手、米グーグルの衛星画像を使った地図サービス「グーグル・アース」で、インド政府の建物や軍事施設など戦略上重要な建造物のある場所の画像がぼかされる見通しだと報じた。」とあります。それでは、ボカシが入る前の画像を早速みておきましょう。(笑)

グーグル アース4おすすめ面白スポット インド軍事施設の画像

インド軍事施設 空軍基地「Govardhanpur」

インド/空軍基地「Govardhanpur」

単なる民間空港に見えても、実は軍民共用の空港だということはよくあるようです。どんな空港でも、有事の時には最低限の軍事基地にもなりえるのは事実ですからね。上記の画像は「Govardhanpur」空港です。座標(緯度・経度)「 22°28'2.26"N, 70° 0'19.46"E」

インド/「ミグ戦闘機」13機+1

インド軍が装備しているほとんどの戦闘機は、旧ソ連・ロシア製でミグ戦闘機(MiG)はインドでライセンス生産されているようですね。

インド/「ミグ戦闘機」11機

MIG戦闘機と思われる機体が11機も綺麗に並んでいます。格納庫の入り口付近に見えるモノは何でしょうか?戦車???空軍基地だから、戦車な訳ないか!?(笑)

インド/「戦闘機」

近くに被弾しても損傷を免れるように作られた、土塁というか防護壁がしっかりと画像に写っています。

インド軍事施設 空軍基地「Rudra Mata」

インド/空軍基地「Rudra Mata」

滑走路は黒く塗られ、移動路は迷彩されています。どう見ても、民間の飛行場では無いでしょう!座標(緯度・経度)「 23°17'20.89"N, 69°40'12.98"E」

インド/「露天駐機5台」

露天駐機が5台見えます。整備中でしょうか?人影のようなものも見えます。

インド/「ミグ戦闘機」4機

インド軍の兵力は百二十六万三千人、戦車は約三千四百台、戦闘機は約七百四十機の軍備を整えています。インド・パキスタン関係の緊迫が続く中、カシミール地方での軍事衝突が本格的な戦争に発展する危険性が現実のものと感じさせます。

インド軍事施設 空軍基地「Jodhpur」

インド/空軍基地「Jodhpur」

ジョドプール空港です。画像の少し左下の方には、ミグ戦闘機以外の機体が2機ほど見えます。また中央には戦闘ヘリが4機見えます。座標(緯度・経度)「 26°15'7.01"N, 73° 2'59.83"E」

インド/「ミグ戦闘機」8機

戦闘機が並んでいる前に建っているのは兵舎でしょうか。

インド国際空港「Indira Gandhi International」

インド/空軍基地「Indira Gandhi International」

インドの首都ニューデリーに位置する飛行場がこちらの「Indira Gandhi International(インディラ・ガンジー国際空港)」です。このインディラ・ガンジー国際空港 (Indira Gandhi International Airport, DEL)は北インドの主な玄関口。座標(緯度・経度)「 28°33'44.90"N, 77° 6'13.01"E」

インド/「飛行機いろいろ」

いろいろな機体があちこちに並んでいます。民間のしかも国際空港と言えども、軍事利用されることはしばしばあることです。民間空港に見えても、実は軍民共用の空港だということはよくありますから。たとえ国際空港でも、有事の時には最低限の軍事基地にもなりえるのは事実です。

インド軍事施設 空軍基地「Chandigarh」

インド/空軍基地「Chandigarh」

パンジャブ州の州都・チャンディーガル空港です。

インド/「輸送機、空中早期警戒機」17機

An-26輸送機が15機と、左端の2機は空中早期警戒機ベリエフA-50メインステイだと思うのですが・・・。座標(緯度・経度)「 30°40'31.69"N, 76°47'12.65"E」

Chao (^-^)/

グーグルアース ダウンロード copyright© Google Earth グーグルアース日本語版ダウンロード All Rights Reserverd.