グーグルムーン・LUNAR ROVER!の使い方

「アポロ計画の秘密」とは!?これまでの“真実”が根底から覆される衝撃作。本邦初公開の豊富な写真と入手困難なデータを満載した本書によって、NASAが隠蔽し続けた秘密がついに暴かれます!
著者のウィリアム・L.ブライアン渾身の作。40周年を迎えるアポロ月面着陸を記念した暴露本。

グーグルムーンの使い方

Google社が無料で提供している「グーグルアース」には地球上の地形や観光スポットではなく、月面の起伏やクレーターなどを見ることができる「グーグルムーン」がありました。

ですが、今回新たに公開されたグーグルムーンはかなりバージョンアップしたようです。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が“かぐや”のデータを無償提供したからなんですね。これによって、以前からの平面的な表示から、立体的な画面表示が可能になりました。

グーグルムーンの地形表示は、ツールバー上の土星型ボタンから表示できるメニューの[月]項目を選択することで表示できますよ。

また、アポロ計画のミッションを再現したツアーは、“レイヤ”の“月のギャラリー”−“ガイドツアー”ツリーから再生できます。3Dモデルのアニメーションや衛星写真を使った解説が、英語のナレーションつきで再生可能。

【参考サイト】グーグルアースで天体観測をしよう!

Google Earth Plug-in のダウンロード

3Dの月面を爆走できる“LUNAR ROVER!”を公開

グーグル社は2009年7月21日に、アポロ計画で使われた月面車“Lunar Roving Vehicle”に乗って月面を走行できるWebアプリ“LUNAR ROVER!”を公開しました。もちろん無料!

“LUNAR ROVER!”は、“Google Earth API”を利用したWebアプリのデモサイトから利用できますよ。利用するには「Google Earth Plug-in」が必要です。

「Google Earth Plug-in」のダウンロードはコチラからできます。 ⇒ プラグインをダウンロード

LUNAR ROVER!の使い方

グーグルアースの月表示機能と同じようにリアルな月面を、アポロ計画で使用された月面車“Lunar Roving Vehicle”に乗って走行することが可能です。

Webページ上の“Faster”チェックボックスをONにすることによって、月面車“Lunar Roving Vehicle”がさらに高速で移動できるようになって、それはまるでオフロードレースのような月面走行が楽しめます。

そのほかでは、Webページ下部に並んでいる[Apollo 11]〜[Apollo 17]のボタンを押すことによって、アポロ11号〜17号の着陸地点へと一瞬にして移動可能。

思う存分に月面で遊んでください! ⇒ LUNAR ROVER!

Google Earth API について

「Google Earth API」とは、Google Earth プラグインとその JavaScript API を使用することによって、3D デジタル地球儀の Google Earth(グーグルアース)をウェブページに埋め込むことができます。

この Google Earth API を使用して、マーカーや線の描画、地形への画像の重ね合わせ、3D モデルの追加、KML ファイルの読み込み等を行うことが可能になり、さらに高度な 3D マップ アプリケーションを構築することができるのです。

Google Earth API の詳細

グーグルアース ダウンロード copyright© Google Earth グーグルアース日本語版ダウンロード All Rights Reserverd.